近くのロボット教室の体験授業を検索する⇒

ヒューマンアカデミーロボット教室 全国大会の日時、内容、参加・観覧方法

ヒューマンアカデミーのロボット教室といえば、年1回開かれる大会が熱くて注目を集めていますね。

子供の習い事の発表会なんてレベルじゃない!
全国大会はロボットクリエイターの高橋智隆先生が審査委員長で、賞品もとっても豪華です。

全国大会の日時から内容、参加方法や観覧方法までまとめました。

ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会の日時

【2019年】第9回ロボット教室全国大会の日時

日にち:2019年8月24日(土)
時間:10:15~17:00(9:30より受付)
会場:東京大学安田講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

過去の全国大会はいつ、どこで?

第8回全国大会:2018年8月25日(土)@東京大学安田講堂
第7回全国大会:2017年8月26日(土) @ 東京大学安田講堂
第6回全国大会:2016年8月20日(土) @東京大学安田講堂
第5回全国大会:2015年8月22日(土)@東京大学本郷キャンパス内伊藤謝恩ホール

毎年8月の第3または4土曜日に開催されているようです。場所は4年連続東京大学安田講堂となっていますね。

ヒューマンアカデミーロボット教室 全国大会の内容

大会の内容は大きく2つに分かれます。

  • アイデア(創作ロボット)コンテスト
  • テクニカルコンテスト

アイデア(創作ロボット)コンテストの内容

アイデアコンテストは、教室で使用しているロボットキットの中の決められたパーツを使ってオリジナルロボットを作り、2分以内でプレゼンテーションするというものです。

ロボット教室 全国大会 アイデアコンテスト

アイデアコンテストは、プライマリーコースの部からアドバンスコースの部まで、コース別に分かれているので、大きな子の方が有利ということはありません。低年齢の子でも十分可能性はありますよ。

こちらに2018年の全国大会の動画があります。まだ小さな子供なのに、堂々とプレゼンしていて感心してしまいます。

本のページをめくるロボットを発表している子がいて、「これ、本当に便利そう」と思っていたらMVP賞を受賞していました!実用化できそうなレベルです。

小学5年生ですよ!本当にスゴイ!

テクニカルコンテストの内容

テクニカルコンテストはグネグネのラインにそってロボットを走らせてスピードを競う競技です。
光センサーで黒いラインを識別するのだそうです。

ロボット教室 全国大会 テクニカルコンテスト

トーナメント方式で、敗者復ルールもあって会場はすごく盛り上がります。

豪華な賞品がもらえる!

ヒューマンアカデミーロボット教室の全国大会は、スポンサーがたくさんついていて、賞品もとっても豪華です。

2019年の第9回大会の賞品

「ロボホンライト」モバイル型ロボット”RoBoHoN”/ マイルームロビ/ タブレット型PC/ Surface GO/ Robovie-i Ver.2/ RICOH THETA SC/ ROBO-UNI[ロボユニ]/ 高橋先生×高島屋共同開発ランドセル/ Robi専用バックパック/ 他多数

ヒューマンアカデミーロボット教室 全国大会の賞品

ランドセルはともかくとして、ロボット少年なら欲しくてたまらないものばかりですね!
中には10万円近くする商品もちらほら。

これは気合が入ります!

ヒューマンアカデミーロボット教室 大会の参加方法

全国大会に参加できるのはヒューマンアカデミーロボット教室の生徒で、地区大会を勝ち抜いた子だけです。
詳しい応募方法は通っている教室に確認が必要ですが、ここでは地区大会への参加資格をご紹介します。

地区大会の参加資格

アイデアコンテストの参加資格

ヒューマンアカデミーロボット教室の生徒であることが要件となります。

ただし、アドバンスコースの部については卒業生も参加できます。具体的には、6月末時点でアドバンスプログラミングコース修了1年未満(15歳以下)という要件になっています。

テクニカルコンテストの参加資格

ヒューマンアカデミーロボット教室の「アドバンスコース」の生徒で、15歳以下であることが要件となります。
卒業生は、6月末時点でアドバンスプログラミングコース修了1年未満(15歳以下)であれば参加可能です。

地区大会の詳細

2019年の地区大会は6つの地区で行われます。
2018年は5つの地区だったので1つ地区大会が増えたんですね。

ロボット教室の人気が高まっていることがうかがえます。

2019年の地区大会の日時

中四国地区大会 7月24日(水)@ゲバントホール(広島市)
九州地区大会 7月26日(金)@福岡市科学館サイエンスホール(福岡市)
西日本地区大会 7月28日(日)@大阪府立男女共同参画・青少年センター ドーンセンター(大阪市)
北日本地区大会 8月1日(木)@仙台市福祉プラザ ふれあいホール(仙台市)
関東地区大会 8月4日(日)@日本科学未来館 未来館ホール(江東区)
中部地区大会 8月7日(水)@愛知県産業労働センター ウインクあいち 小ホール(名古屋市)

ちなみに、2018年の地区大会参加者は

中部はアイデアコンテスト27名、テクニカルコンテスト31名、合計58名
九州はアイデアコンテスト17名、テクニカルコンテスト36名、合計53名
関東はアイデアコンテスト22名、テクニカルコンテスト32名、合計54名
北日本はアイデアコンテスト22名、テクニカルコンテスト8名、合計30名
西日本はアイデアコンテスト15名、テクニカルコンテスト32名、合計47名

2018年の第8回全国大会の出場者は

<アイデアコンテスト>
プライマリーコースの部 5名
ベーシックコースの部 9名
ミドルコースの部 6名
アドバンスコースの部 6名

 

<テクニカルコンテスト>12名

全国大会出場は狭き門ですね!
2018年は中国や台湾の教室から参加した子もいるようです。

ただ、アイデアコンテストの方はコース別に分かれているので、低年齢だからとか、長く通っていないからという理由であきらめる必要はなさそうですよ。どの子でも十分出場できる可能性はあると思います!

ヒューマンアカデミーロボット教室 大会の観覧方法

地区大会や全国大会を観覧するには、事前に申し込みが必要です。

観覧申込みは、6月21日(金)17:00から受付を開始します。
※全国大会は定員になり次第締切とさせていただきます。

>>大会の観覧申し込みはこちら

観覧は無料です。
ヒューマンアカデミーロボット教室に通っている生徒の家族以外でも大会の観覧はできますが、条件があります。

ヒューマンアカデミーロボット教室大会の観覧資格

5~12歳の子供がいる家族でないと観覧できないんですね。

あくまでもロボット教室の大会なので、ロボット教室に通っている子の家族、通うことを検討している子の家族が対象ということなんでしょうね。

ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット教室ってどうなんだろう・・・と漠然と考えている人は、一度お子さんと一緒に大会を観覧してみるのもいいかもしれませんね。
「すごい!ぼくもこんなの作りたい!」と目を輝かせて見ていれば、きっとロボット教室に通わせる価値はあるはず。

ただ、大会は年に1回しかないので、近くの教室の無料体験授業に参加してみるものいいですよ。
体験授業なら、人の作ったロボットをただ見るだけでなく、実際にロボットを作らせてもらえます。

近くのロボット教室で体験授業をしているか検査してみましょう。

\体験授業は無料!/
全国1400教室以上
ヒューマンアカデミーロボット教室
近くの教室を検索してみる→