近くのロボット教室の体験授業を検索する⇒

ロボット教室を辞めた8つの理由とは?デメリットや不満点も

ロボット教室 辞めた理由 デメリット

いま大人気の習いごとといえばロボット教室。
通わせて良かったと満足度も高いようです。
ただ、良いことばかりでなく、デメリットも知っておきたいですよね。

ロボット教室を辞めた理由や、ロボット教室に関する悪い口コを集めてみました。

ロボット教室を辞めた理由は?

1.中学受験のため

ロボット教室を辞めた理由でダントツに多いのは「中学受験」のようです。
でも、小学校5~6年生でロボット教室に通っているような子は本当にロボット作りが大好きで夢中になっている子が多いでしょうから、中学生になってからまた通い出すケースも少なくないようです。

2.他の習い事が忙しくなった

他に習い事が増えてロボット教室に通う時間がなくなったというケースもあります。
習い事とは、主に塾でしょうね。
中学受験とも関係があると思いますが、塾通いが忙しくなってくると友達と遊ぶ時間もなくなってくるので、子供の方から「習い事は塾だけにしたい」と言い出すこともあるようです。

3.中学生になって部活が忙しくなった

中学生になって運動部に入ると帰りは19時を回ることもありますし、土日も部活がありますからね。通う時間がなくなってやめてしまうようです。

4.引越し

引越して通えなくなるケース。これは仕方がないですね。
ただ、全国展開しているロボット教室もあるので、引越し先でもまた教室を探して通うという子も多いんですよ。
やっぱりそれだけロボット製作は楽しくてハマッちゃうんでしょうね!

>>全国に1400教室以上!近くのロボット教室を検索する

5.経済的な理由

ロボット教室 経済的な理由

経済的な理由で辞めざるを得なくなったという人もいます。

月謝は最初からわかっていたはずですが、やはりそれぞれ事情はありますよね。
お給料がダウンしてしまった、他の習い事(これも塾かな?)を始めて月謝がきつくなってきた、などなど。

また、ロボット教室によってはコースが進級するにつれて月謝がアップしたり、次々と新しい教材を購入しなければならないところもあります。

子供が楽しんで通っていたなら、経済的な理由でやめさせるのは親としてもつらいところですね。

6.送り迎えが難しくなった

専業主婦だったお母さんが仕事を始めたために送り迎えができなくなり辞めてしまうというケースもあります。
ロボット教室はまだ数が少ないため、遠方から1時間以上かけて通っている子もいます。

中学生ならともかく、小学生で片道1時間を一人で通わせるのはちょっと心配ですものね。

>>全国1400教室以上!近所のロボット教室を探してみる

7.子供が興味をなくした

体験授業を受けていれば、ロボット作りに興味があるかどうかある程度はわかります。
ただ、最初は初めてのことばかりでワクワクしながら通っていても、慣れてくると急にあきてしまうという子もいますよね。

うちの子もそういうタイプなのでちょっと心配でした。

通える範囲にいくつかロボット教室があるという人は、複数の教室の体験授業に参加してみるのもいいですよ。
いくつかの体験授業に参加すれば、それだけで1~2ヵ月通ったのと同じようなものです。
それでも子供がまだ行きたがるか、それとももう1回目ほど興味を示さないか・・・。

子供が飽きっぽくて心配という人は、じっくり時間をかけて判断してもいいかもしれませんね。

8.先生と合わない

先生と合わなくて辞めてしまう人もいます。
中にはクセの強い先生もいたりするのかもしれませんね。

ロボット教室自体は大好きだから辞めたくないけど先生がイヤだからという理由で、他の教室に変わるケースもあるようですよ。

ロボット教室の悪い口コミ、デメリットは?

辞めるというほどではないのでまだ通わせているけれど、「ここがちょっと・・・」と不満を感じている人の口コミも集めてみました。

料金が高い

やはり一番多いのは「料金が高い」という声です。
そろばんやスイミング、サッカー教室などと比較すると、習い事に月1万円以上かかるのは高いかな~と感じてしまいますよね。

わたしも正直、ちょっと高いと思いました。

でも、いろいろ悩んで検討して、最終的にはそれでも習わせる価値があると判断しました。

料金は割高だと思いますが、本当に充実した内容なので良かったと思います。
教材費も月謝も高いなとは思っていましたが、子供の興味のあることでしたし、ここでしか学べないものなので納得しています。

「高いけど満足」という人や、「高い」と言いつつ長く通わせている人の口コミが目立ちました。

子供をロボット教室に通わせている親御さんが口をそろえて言うのは

  • あきらめないで最後までがんばるようになった。
  • 創造力や自分で考える力がついた。
  • 集中力が高まった。

ということです。

中でも、「自分で考える力」というのは、これからの時代とっても大切な力であるにもかかわらず、学習塾やスポーツ系の習い事ではなかなか得られません。

子ども自身が楽しみながら「あきらめず自分で考え抜く力」を養えるというのは、ロボット教室ならではのもの。

そう考えると、月1万円・・・うん、出してあげよう!と思う親御さんが多いのも納得です。

低学年の子と同じ教室だから騒がしい

数は少ないですが、「低学年の子と同じ教室で騒がしい」という意見もちらほら見かけました。

低学年の子供達と一緒のクラスで、少し騒がしいことはあったようです。

学年ごとの授業になっているロボット教室もありますが、一般的には色々な学年の子が同じ教室でテキストを見ながら各自ロボットを作り、必要に応じて先生に質問したり手伝ってもらったりという感じです。

低学年の子たちが騒がしくしていると、自分の子がロボット製作に集中できないのでは?と親にとっては気になるところです。

でも、意外と子供は騒がしくても気にせず集中しているものですよ。

ロボット教室は1回の授業が90分など長いので、低学年の子は遊び始めてしまうこともあるようですが、先生も途中で休憩をはさむなど工夫して飽きさせないようにしてくださいます。

先生の力量に差がある

これも少数意見ですが、先生の力量に差があるという声がありました。

最初の先生はいまいちでしたが、最後にお世話になった女性の先生は素晴らしかったです。

わたしが口コミサイトをひと通りチェックした限りでは、講師の先生については良い意見が圧倒的に多いと感じました。

個人の自由な発想を一番に考えて、のびのびとやらせてくれてます。

講師の方々は大変熱心で、子供の考える力を伸ばそうとしてくれています。

子どもの特性に合わせて楽しく学べるよう指導してくれるので、子どもが楽しく通えてよかったです。

親にももっと連絡や説明がほしい

あとは不満というよりは要望として、教室と親とのコミュニケーションを増やしてほしいという声がありました。

子どもがどの程度まで習得できているかを親も把握したいです。進度が簡単に分かるような指標や連絡帳のようなものがあればと思います。

ただ、これは教室ごとにいろいろ差があって、どんなことをしたのか、子供の様子などを毎回保護者にメールしてくれるところもあるようです。

カリキュラムの満足度は非常に高い

ここまで、ロボット教室を辞めた人の理由やデメリットを紹介してきましたが、口コミをチェックしてみて改めて実感したのはロボット教室のカリキュラム、つまり学ぶ内容自体に満足している保護者の声がものすごく多いということ。

子供たちが夢中になれるよう工夫が凝らされているように感じます。

カリキュラムやテキストがとても良いので、面白いロボットが出来上がります。

ロボットを組み立てた後、改造できるカリキュラムはいいと思います。学習塾はなかなか行く気になってくれませんでしたが、ロボット教室は楽しそうに通っています。

ロボットを通じて機構や伝導のしくみを理解出来るのはいいと思う。家でもロボットをなかなか手放さない。

「料金が高い」というデメリットは感じつつも、内容にはとても満足している人が多いです!
あとは、子供がどれだけ興味を示すか、楽しめるか、といったことも重要ですね。

ロボット教室、気になるけど実際どうなんだろう・・・と悩んでいる人は、ぜひいろんな教室の体験授業に親子で参加してみてください。

\体験授業は無料!/
全国1400教室以上
ヒューマンアカデミーロボット教室
近くの教室を検索してみる→